5日間も謎の発熱・全身の筋肉痛・場所が次々に移動する関節痛・あったり無かったりするのどの痛みを味わってると、

いやあ、

健康って大事だよね!

ってさすがに思わないこともない。

今回とても妙なのが、
高い時で37.9度とか熱がある時も、
なんか、声の張りもあるしわりと元気なのよね、、、基本的には。

で、さすがに今日病院に行って来た。

うがい薬と、軽い炎症止めと、必要な時のために鎮痛剤をもらった。

結局、原因やらなにやらは謎で。

そりゃそうだよ、私に心当たりが無いんだから、って話。

だったら、
私が「これが原因なんじゃないの?」と思うことを、
私が納得する方法で試してみて、
経過を見て、
試行錯誤してみていいんだな、
って思った。

5日もあったのでいろいろ試せた~(笑)。

なんか、「自分が好きなもの」を思い出すような時間がいっぱいだった。

好きなものは元気をくれるからな~♪


無意識に、
「踏み出すこと」を怖がってる部分が足止めしようとしてんのかな?
と思ってたんだけど、

いやあ、、、

違いましたよ!


先日退場願ったはずの、私の「上から目線のジャッジマン男性性」がまだいた。
それで、「もーーいい加減にしろっつってんだろ!!!!」っていう状態になってたみたい。

ようやくそれに気づいて、再度ご退場願いました。
そんで、脳内にもう一度「私を大切に扱ってくれる男前の男性性」をセット。

言ってほしい言葉をガンガン言ってもらった。

なんか、怪しいひとり芝居のようですが、
これ結構効き目あります、私。

そしたら、熱が下がってきた。


で、22日にクリパル・ジャパンで開催するWSのこととか、
今週予定されてるセッションとか、
私がすんごい楽しくて、
みんなにもその楽しさを存分に体感してもらうには、
どんなことができるかな?と考えてみた。


どうも私は、その「仕掛け」の部分を考えるのも好きなようだ。

WSが舞台だとしたら、
「仕掛け」と「その配置」は、振り付けと構成にあたるのかもしれない。

その舞台の場が、
すんごい濃密で、「うひょーー!」が満載であるために、
何をどう配置したらいいんだろ?ってあれこれアイデア出してると、
寝ようと思ったのにこうしてなぜかブログを書くようなことになってしまう。
テンション上がって(笑)。

舞台って、
お客さんもダンサーも、
全員ある意味ダンサーで、
その場が濃密になるかどうかのカギは、ダンサーだけがにぎってるわけじゃない。

振り付けも、構成も、
ある意味約束事だけど、
それは舞台がはじまったら「その場が満ちること・満ちた場に動かされてしまうこと」よりも優先されるべきことじゃない。

でも、
その約束事を、
お客さんのニーズ(とおぼしきもの)に合わせてすべてなかったことにしてしまうのは、
自分を裏切ることであり、
お客さんをなめてることにもなるんだな、と
最近感じたんです。


とりあえず、
今、私が一番「うひょー!」となってしまうことを、
惜しげも無く全開にします。

ヨガはもちろん、
ダンスや音楽みたいな「上演芸術」をやる方にも、
すごく「ほお!!」ってなる部分があると思う。

カラダをゆるめると、
「場」への感受性が繊細になるから。


私にとって
桜気功をいろんなものに応用していくことは、
カラダの面から、
「上から目線のジャッジマン男性性」を、「私を大切に扱ってくれる男前の男性性」へ転換するようなことだった。


もっとこうしたほうがいいんじゃない?
ああいうふうにしないと柔軟性も筋力も無くなっちゃうんじゃないの?
そんなに自分に甘かったら、だめじゃない?
もっと頑張れば?

っていうとこから、

ラクで心地い方へばっかり動いていいんだよ。
気持ちいいなあ、っていうのをもっと味わっていいんだよ。
焦らなくていいんだよ。
自分のペースで大丈夫だよ。
頑張らないで、自由にしてごらん。

へ。

そうやって、
心地いい方へと導かれた先に、
「カラダ軽っ&なめらか!!」っていう感覚があらわれてくる。


ですが、
そこがゴールじゃありません。
むしろ、そこが始まり。


そのゆるんだカラダの内側や外側でどんな感覚を感じてる?

今何が起きてる?

世界との接点で、何を体感してる?

開いた感受性で繊細にカラダを感じてみた時、
新しい発見があるはず。

その瞬間、

「え・・・?」「うひょーーーー!」

って思うはず。

それって、
すっごい愉しいです。


そういえば、
昨日発熱しながら久しぶりにスカパラ見たくなって、ライブ映像を動画サイトで見たんです。

そしたら
「俺たちは、ただの愉しさじゃなく、人生変えるような愉しさを目指してる!」
って、熱く語ってまして。

そうだよねーー!!
タマシイが踊る愉しさは人生をかえるよね!!
って、ひとり興奮した(笑)。


そんな愉しさを、
私も狙っていきますよ!


―――――

7/22(土)13:00~15:30
クリパル・ジャパン主催「桜氣功とヨガ~カラダの「自然」を呼び起こす」

WS詳細&お申込みは↓
【こちら】

桜気功【太陽礼拝】の動画は↓
【こちら】

CIMG1169-2.jpg


こちらからの続きです。

【カラダ調整中】

【人はみんな「うひょー!」探究家】

―――――

ダンスをやってきて、次第に行き詰まる感じになってきて、
クリパルヨガを知り、これだ!と思ってやってきて、次第に行き詰まる感じになってきて、
桜気功を知り、、、、以下略。

ダンスにも、クリパルヨガにも、桜気功にも罪は無い。

「私の奥底から湧き出るような「うひょー!」なポイントを表現する」ことから逃げる方法として、
私は
「その場その場で正解を与えてくれる先生や教科書や世間の目」
をいちいち設定してきた。

この基準に合わせておけば安心♪っていうよりどころとして。

そんで、
しまいには、自分で設定した基準・カテゴリーが窮屈になってくる、という。


もう、この繰り返しは、
うんざりなんじゃ!!!!とキレまして。


これからは、
自分のうひょ―!を探究して生きていく。
そのよろこびの時間をいっぱい創造して生きていく。
そのよろこびの時間を、全国各地で創造して、みんなにうひょー!!を届けながら生きていく。


今の現実から言えば、
「どの口が言ってんの?」っていうようなことでも、
もう私はその未来を体験すると決めてしまったのです。


そしたら、
「できるかできないか?」でぐるぐるしてたのが、
「どうしたらできるか?」へ方向が変わった。


で。

私のタマシイのうひょー!ポイントは、

心身を健やかに調えること、
精神的な癒しや成長、
穏やかでピースフルな感覚、、、

とかではなかった。

どうしよう?ってくらい、「体にいいもの」とか興味無いんでした。私。
(タマシイからのよろこびを日々体験してる人は健やかに決まってる、とは思うが)


さらに、
桜気功も好きだけど、
ヨガも好きだけど、、、

それだけじゃ物足りない。
もっと、血沸き肉躍る!!みたいなリズムとか、欲しい。


自分が体験したい未来を描いていた時に、
ふと

大地のリズム
天空の気
カラダに棲んで
タマシイを踊らせろ!



って出てきて、

今、この言葉に取りつかれてるみたいになってる。


やっぱり私は「ダンサー」みたい。

講師っていうのも、もう違うって気づいちゃった。

講師+レッスン、っていう、一方通行に教える感じが、どうも嫌。

それよりも、セッションのナビやガイドっていう方がしっくりくる。


みんなで、カラダを動かして、遊ばせて、タマシイが「うひょーー!」ってなると、
それが共鳴して交感して、その時間と場が変容するんです。

空気が濃くなる、みたいな。

それは、ダンスでもいろんなレッスンでも体験してきたことなんだけど、
そこにも「うひょー!」なツボがあって、
(だから、ひとりで修行的に練習するのが詰まんなかったんだなあ…)

私は、そんな「満ちた」時間と場を創造したい。
それを届けてみんなと感動を味わいたい。


時には、ヨガでも、桜気功でもいいし、
時にはダンスという形になるのかもしれない。

でも、そのコアのとこには、
「みんなのタマシイ踊らせて、満ちた時間と場を創造したる!」というのがある。

そして、誰よりも私が一番タマシイ踊らせて、たのしいーーー!を味わったる。と思ってます。


ひとつひとつの言葉を選んでは、
体感を確かめて、
しっくりきてるかどうか?吟味して、

たどり着いたところが、そこ。


そんで、
今は、
この「うひょー!」の面白楽しさを絶対味わったらいいよみんな!っていうのを
どう表現していこう?
どう表現したら伝わるかな?
を模索中。

同時に、
毎回のレッスンで、
そう決めた自分を裏切らずにいる練習中。

脱!無難!!!
脱!なんだかんだで格好つく落としどころ!!!


―――――

7/22(土)13:00~15:30
クリパル・ジャパン主催「桜氣功とヨガ~カラダの「自然」を呼び起こす」

WS詳細&お申込みは【こちら】

DSC_0195-2.jpg



みんなそれぞれに、
タマシイの「うひょー!」ポイントがある。

何かをしていて、
わーーー!!って目をキラキラさせてしまうような瞬間、
そのポイントにヒットしている。

私の場合は、
ダンスや、クリパルヨガや、桜気功をやってる時、
確実に「うひょー!」ポイントにヒットしている。

ただ、
同じようなシチュエーションで「うひょー!」が発動してるからと言って、
ポイントが同じとは限らない。
その事柄の、どこにポイントがあるのか?
千差万別だと思う。

ここを、長らく勘違いしていて、
かつ、
ホントのホントの「うひょ―!」ポイントを表現しようとすることは、相当に怖かったようで、
私はいつも、
何かをやっては、最初の熱が長く続かずに次第に窮屈になって投げ出したくなる
というのを繰り返してきた。


「うひょー!」ポイントをもう少しカッコよくいうなら、
タマシイがよろこぶツボ(かっこよくならなかった・笑)、
「ワタシ」という存在の奥底から「たのしい!!!!」が湧き上がってくるツボ、
といってもいいかもしれない。

私、
生まれてきた理由って、これ味わうためじゃね?と思うのです。

だから、自分のことは棚に上げて書くけど、
遠慮せずに、
タマシイ震えるような「たのしい!!!!」をピンポイントで探究してけばいいんだと思う。


で、私の話に戻ると、
長らく勘違い&怖くて封印してきたもんだから、
現実としては、
苦しいんだけど、本当に本当に好きすぎるから、それを表現するのが怖くてトライしないでいる
っていう状況だったのかな、と思う。

「いや、現実的に無理だし・・・」
「そんなこと誰にも求められないかもしれないし・・・」
っていうのを、繰り返し繰り返し繰り返し。


その時、
「その願いを、由香さんが自分に体験させるって決めるだけです」
と、背中をしつこくしつこく押してくれた方がいて(Yさん、ありがとうございますー!)、

私に、
この先ずっとその繰り返しという体験をさせたいのか?
それとも、自分のタマシイが一番よろこぶことを、ガンガン体験させたいのか?
って思ったら、
そりゃタマシイがうひょーー!とよろこぶことを体験させたいに決まってる。

なので、
私は決めました。

私は、私の願いを実現します。
私は、私が描いてる「うひょー!」まみれの未来を、私に体験させます。

と。

そしたら、
入ってくる情報が変わった。
今まですごい気にしてたこと、不思議なくらい気にしなくなった。

で、今の発熱と関節痛。


次は、いよいよ本題を書く。。。

―――――

7/22(土)13:00~15:30
クリパル・ジャパン主催「桜氣功とヨガ~カラダの「自然」を呼び起こす」

WS詳細&お申込みは【こちら】

CIMG0651-2.jpg




最新記事